• 首页 日輕小說 PSYCHO-PASS心理測量者 前傳
  • PSYCHO-PASS心理測量者 前傳
  • 作者: 高羽彩 更新: 2021-05-31
  • 9篇 狀態: 已完結 29萬字 大約需要10小時閲讀
  • 中文簡介待補
    西暦2109年。人間の精神を數値化し、最適幸福が追及できるようになった未來世界で、システムの導き出した“犯罪係數”をもとに、犯罪者とその予備軍“潛在犯”を取り締まる治安維持組織“厚生省公安局刑事課”。潛在犯でありながら犯罪捜査の実動を擔う“執行官”と、模範的社會性を持つキャリアとして執行官の監視・指揮を擔う“監視官”のチームで活動する彼らは今、後に“標本事件”と呼ばれる猟奇殺人事件“広域重要指定事件102”に総力を持って當たっていた。ある雨の日、廃棄區畫で発生した騒ぎの鎮靜に向かった一係所屬の監視官・狡噛慎也と執行官・佐々山光留は、區畫の片隅で、私立女子の名門“桜霜學園”の生徒・桐野瞳子と出會う。それは、待ち受ける悲劇の始まりだった―。
  • 詳細
  • 開始看第1集 加入書簽 觀看記錄 順序 ↓
  • 手機掃碼繼續看